産後,肌荒れ,にきび,基礎化粧品,ラ・ミューテ

 

産後の肌荒れ・肌の乾燥・大人にきびに悩んでいるあなたへ

 

1日中赤ちゃんのお世話で
自分の時間どころか
自分のことにかまってられない毎日。

 

産後、ますますひどくなる

お肌の乾燥
肌荒れ・敏感肌
くり返す大人にきび・吹き出物

に悩まされてませんか?

 

産後スキンケア講座・管理人の私も肌が弱くて、
1年中、肌トラブルがあるのが当たり前。

 

 

春。
花粉の時期は肌がかゆい。じんましんも起きやすい。

 

夏。
汗をかくたびに肌がかぶれる。下着やアクセサリーが辛い。

 

秋。
日焼け止めも虚しく順調にシミ・そばかすが増える

 

冬。
肌が乾燥、頬はヒビ割れ、新たなシワ・たるみに「老けたなぁ…」と。


わりと、散々な肌状態ですね(^^;

 

今回、ちょっとご縁があって
産後の敏感肌に使える基礎化粧品
ラ・ミューテを半年ほど試してみたのですが…

 

産後,基礎化粧品,ラ・ミューテ

 

私の肌に合っていて嬉しかったのはもちろんなんですが

 

「そういう考え方もあったか…」
価値観が広がったというか

 

「え、それ、普通なの…?!」
思いがけない対応に感動したというか

 

「これは産後スキンケア講座でお話したい」
と思うことがいくつかありまして。

 

今日は、ラ・ミューテを実際に使ってみた感想をシェアしますね!

ラ・ミューテは正直「産後向きじゃない化粧品」です。

ラ・ミューテの基礎化粧品は、すごくシンプル。

 

産後,シンプルケア,基礎化粧品

  • 洗顔(ビオリズム洗顔フォーム)
  • 化粧水(エンリッチ化粧水)
  • 美容液(アドバンス保護美容液)

 

コレだけ。
アイテムはたったの3つなんです。

 

 

え?乳液ないの?「油分でフタ」しなくて大丈夫なの?


 

そう思いますよね〜
(ラ・ミューテに乳液がないワケは、後ほどお話します)

 

ラ・ミューテ,化粧水

 

化粧水はサラサラで
ただの水みたいな感じだし

 

ラ・ミューテ,美容液,ガラス,スポイド

 

容器も「ガラス瓶」で気を遣うし

 

美容液に至っては
「スポイド」くっついてるのに気づかなくて
危うくボトルをひっくり返すところだったし

 

 

・・・正直ね?

 

 

わたし、最初
「これ、産後ママには不向きだな」
って思ったんですよ(笑)

 

 

だって、ガラスなんて
赤ちゃんが万一触って落としたら割れて危ないし

 

スポイドで1滴ずつ手にとって
優雅にスキンケアしてる暇なんて

 

「産後のお母さんに、そんな余裕はないでしょ」
と思ったから。

 

実際、産後ママが
基礎化粧品に求める4つの条件は

時短→シンプルで楽ちん
手頃→コスパ&家計にやさしい
安心→赤ちゃんに頬ずりできる
肌力→出産してもキレイなママに…!

ですしね。

産後スキンケア、オールインワンおすすめは?ママ必須の4つの条件とは?

 

だから、最初はね?

 

「まぁ、私もいい加減、産後●年目に突入したし…
個人的に肌に合ってたらいっか。」

 

くらいの気持ちで
試しにラ・ミューテを使い始めたんですね。

なんか、こういうの久しぶりだな

ラ・ミューテを使った、1番初めの感想はね?

 

「なんか… こういうの、久しぶりだな」
ってこと。

 

オシャレな化粧品

 

なんていうかな、
「飾りたくなるようなオシャレな化粧品」
なんですね。

 

飾りたくて、思わず・・・

 

飾りたくなる化粧品

 

壁に棚(ウォールシェルフ)を取り付けてしまった(笑)

 

そして、思った。

 

たとえ
散らかしっぱなしで足の踏み場もない状態でも
「やるべきこと」を「こなす」のに精一杯の毎日でも

 

テーブルの上に『一輪の花』を飾ったときのように

 

 

「心の余裕」って
じつは、ちょっとしたことで持てるものなのかもね


ってね。

 

家の中に、化粧品を「飾った」ことでね?

 

今まで飾れなかったガラスの雑貨や
七五三の写真立ても一緒にディスプレイしちゃったり

 

私がお風呂上がりに
化粧水を手にとり始めると

 

娘たちが「私もやりたい〜」おねだりしてきて
一緒にバラの香りを「いい匂い〜」って言いながら
スキンケアのマネっこしたり…

 

家の中に「パワースポット」ができた
みたいな(笑)

 

 

「女心が満たされる時間」って
じつは、日々の小さな幸せの中にあったのかも


なんて思ったりね。

 

その後、ラ・ミューテを
半年ほど使い続けてみたのですが…

普段、肌断食している私がラ・ミューテを試したところ

私が、ラ・ミューテを試したのは
秋11月〜冬〜春4月の約半年間。

 

1番お肌にとってはキツイ季節ですよね、冬って。

 

 

でも、今年は
肌が乾燥することも
目立ってシミ・シワが増えることもなく
わりと、良い肌状態で過ごせた半年でした。


 

というのもね?

 

出産を経て、敏感肌というか
だいぶ肌が弱いことに気がついた私は
最近は、ほぼ肌断食で過ごしていたんですね。

 

でも、さすがに昨年の冬は
ほっぺがガサガサ
ヒビ割れ寸前まで肌が乾燥してしまって

 

ワセリンも使ってみたものの、自力で潤うには至らず

 

「『何もつけないスキンケア』は、さすがに冬は厳しいな…」

 

昨年実感したばかり、だったんです。

 

夜だけラ・ミューテを少量使ってみました

 

なので、今年は
夜、お風呂上がりに
ラ・ミューテを「ほんの少量だけ」塗るようにしたんです。

 

(美容液は1滴だけ、化粧水はつけたりつけなかったり…適正量の半分以下ですね)

 

朝のお手入れは、今までどおり
特に何もしなかったんですけどね?

 

冬。

 

日中に肌が突っ張ったり
ガサガサになることもなく
快適に過ごせたのはもちろん

 

春。

 

花粉症の時期は、例年
顔がかゆくて肌荒れするのですが
今年は肌がかゆくなることもなく

 

生理前。

 

イライラとともに
口周りニキビができると
「ああ、あと2,3日でアレがくる」
ってわかるくらい正確に発生していた大人ニキビも(笑)

 

 

そういえば最近、吹き出物も出てないな


ってくらい、今、肌状態が落ち着いています。

なぜ、ラ・ミューテには乳液がないの?

肌トラブルの1番大きな原因は
保湿力不足

なんですよね。

 

お肌の保湿の大切さは
肌の専門家はもちろん
スキンケアにちょっと詳しい方なら誰もがうなずくポイントですよね?

 

乾燥、シミ、シワ、老化

 

肌状態を良くしたかったら
保湿が1番大切なんですが…

 

先ほどもお話したとおり
ラ・ミューテには「乳液がない」んです。

 

化粧水
 ↓ 
美容液

 

2ステップだけ。

 

「乳液でフタできないじゃん。
これでホントに、保湿できるの?」
と、疑問の方もいると思うんですが

 

じつは、乳液(油分)で保湿はできないんですよね。
(油分でフタしても肌の水分はスグ蒸発します)

 

保湿の鍵は、美容成分。

 

特に、美容液には
セラミド3など保湿力の高い成分が
贅沢に配分されているので

 

少量でも、乳液いらずで
しっかり肌が潤う、

 

別に、ラ・ミューテを使ったからって
肌がすごくきれいになったわけじゃないし
シミそばかすが綺麗サッパリ消えたわけでもない。

 

「すごく地味な感想」だと思います。

 

でも、普段
肌状態があまり良くない私にとっては
「なんか、肌が落ち着いている」

 

当たり前のことが、嬉しかったりするんですよね(^^