産後,シミそばかす

なんで産後、シミ・そばかすが薄くなる人と濃くなる人がいるの?

後のシミは消える?消えない?

 

 

妊娠中に少しシミ・そばかすが出てきて焦ったけど
出産したら消えたよ〜♪


という先輩ママもいれば

 

 

 

全ッ然っ!
むしろ増えて濃くなった!!


と驚愕の報告をする経産婦さんも…

 

 

・・・どっちなの?

 

 

たまひよ読んだり
フェイスブックでママ友に聞きまくったり
ウィメンズパークで出産体験談をあさったり

 

はたまた
化粧品のBAさんに相談したり
美容系の情報誌やHPをスマホで検索しまくったり。

 

出産でシミが消えるかどうかは、女性ホルモンの影響が「大」らしい

 

ということは、なんとなくわかるんだけど…

 

イマイチ納得がいかない。

 

ですよね?

 

 

じつは、産後シミが薄くなるかどうかは
授乳とストレスが鍵なんです!

 

 

授乳中ママの方がシミ・そばかすが薄くなるってホント?


 

 

妊娠中〜産後にできたシミは
どうしたら少しでもマシになるの?


 

順番にお話していきますね!

なんて余計なことを…女性ホルモンの「罠」

なんで、授乳がシミ・そばかすに影響するのか?

 

それは、2つの女性ホルモンが関わってるからなんですね。

 

美のホルモン「エストロゲン」

産後,エストロゲン
エストロゲンは、女を絶好調にさせるホルモン

 

水分を溜め込んで
お肌は「モチモチ・ツヤツヤ」に

 

脂肪を溜め込んで
「ボン・キュッ・ボン」の、めりはりボディに

 

あなたを「最高に女らしく」することで
男(パパ)を誘惑し妊娠へ導いた…

 

小悪魔ホルモンとも言えます(笑)

 

んで。

 

シミ・そばかすを増やして濃くするのも、エストロゲンちゃんの仕業。

 

あなたの美しい肌を守るべく
紫外線を防ぐためにメラニン色素を増やした結果・・・

 

それが今や
あなたの顔の上で存在感ドーン!

 

シミ・そばかすちゃんなのです。

 

 

ちょっとアンタ余計なことしないでよッ!


って思うかもですがw

 

光老化(シワ・たるみ)を防ぐために、あなたの肌がベストを尽くした結果とも言えるのです。
これは仕方ないのです。

 

母のホルモン「プロゲステロン」

産後,プロゲステロン
一方のプロゲステロンは
お母さんになるためのホルモン

 

子宮をふかふかクッションにしたり、体をだるく疲れやすくさせます。

 

なぜか、って?

 

ママの体をできるだけ動かさないようにしてお腹の中の赤ちゃんを守るためなんですね。

 

残念なことに
プロゲステロンにもシミ・そばかすを濃くする作用があります。

 

だから、妊娠〜産後にかけて

 

 

鏡を見てギョッとしたんだけど…


というママの悲しみの声がとっても多いんですね。

 

 

ここまで、2つの女性ホルモンの違い、わかりました?

 

 

 

 

うん。わかった。

 

で、なんでシミ・そばかすが
授乳の有無と関係してるわけ?

 

どうしたらワタクシは
この激しく余計なシミ・そばかすを消し去れますの?

 


 

 

す、スイマセン。

 

 

2人のホルモンちゃん抜きには語れないので長くなっちゃいました(^^;

 

あと3分、大丈夫でしょうか…?笑

妊娠中の女性ホルモンは通常の100〜1000倍!

さてさて。

 

妊娠すると、2つの女性ホルモンは急激に増えます。

 

どれくらい増えるかって言うと
普段の100〜1000倍増し!

 

ハンパない量です。

 

 

逆に、産後は産後で
1ヶ月位で一気に元の量に激減!

 

それはもう・・・

 

産後,女性ホルモン,減る

 

ジェットコースターの急降下なみにホルモン減りまくるんですね!

 

女性ホルモンが減りまくった産後の今
あなたはプチ更年期真っ盛り☆
とも言えるんですね?

 

 

ホルモンバランスが悪くなった結果

 

便秘したり脚がむくんだり
産後のイライラで夫に八つ当りしたり…

 

女性ホルモン,産後,減る,イライラ

 

産後ウツや不眠症
涙もろくなったり
塞ぎこんでしまったり

 

産後,消えてなくなりたい

 

 

もう私、
消えてなくなりたい…

 


 

はたまた、抜け毛で
お風呂の排水口がホラー状態になったり

 

産後,抜け毛,排水口

 

 

ハゲる・・・
コレ絶対ハゲる・・・

 


 

 

妊娠〜産後は、疲れやストレスと同時に
2人のホルモンちゃんに振り回されてるわけです!

 

 

 

 

・・・で?

 

 

毎朝鏡を見て
タメ息しか出ないワタクシに

 

明るい未来・明るいお肌はやってきますの?

 


 

 

・・・話が長くなりました。

 

 

なぜ産後に
シミが消えるママと消えないママがいるかというと

 

授乳してるかどうかで女性ホルモンのバランスが変わってくるから!

 

 

じつは

 

母乳をあげているママの方が、シミは消えやすいんです!

母乳育児中はエストロゲンが少ない…つまり?

というのも、
授乳中は「エストロゲンちゃん」が
活躍しにくいからなんですね。

 

 

エストロゲンちゃんは、こう考えます。

 

 

あなた今、ベビーにおっぱいあげてるわね?

 

次の男を誘惑させてあげてもいいけど、
ちょっとまだ早いかしら〜?


 

と判断。
エストロゲン量を少なめにするのです。

 

 

わかりますか?

 

 

さっきもお話しましたが
エストロゲンは妊娠させるためのホルモンで
シミを増やして濃くする作用もあるのです。

 

・・・ということは?

 

授乳中はエストロゲンが少ないから、シミ・そばかすが目立たなくなりやすい!

 

 

 

えー?

 

でも私、授乳してるけど
全然シミ消えないよー??


 

と思ったあなた!

 

 

わたしも激しく同感です!
3人母乳で育てたのにシミ・そばかすだらけです!!(泣)

 

→「シミだらけ肌」の証拠画像はコチラ!(…いらんわ。)

授乳中はシミが消えやすいって、ウソでしょ?!

そうなんです。

 

授乳中は、ホルモン的にはシミができにくい時期なんですが、
母乳を作るときって、ビタミンCを大量に消費するんですよね…

 

ビタミンCが足りないと、紫外線の影響をモロに受けちゃいますよね?

 

 

産後は私、ずっと家に引きこもってて
しばらく出かけてないけど…?


 

たとえ赤ちゃんと2人家にこもりっきりだとしても、窓ガラス越しに紫外線は入ってきます。
室内にいると日焼け止めも塗らなかったりテキトーだったりしますしね?

 

だから、授乳中のママもシミができやすかったりするんです。

 

なんてこったい!

 

完母だろうが完ミだろうが、
産後のシミの原因は

 

紫外線
お肌の乾燥
ビタミンC不足
ホルモンバランスの崩れ

 

そして
お肌と心のストレス!

 

これが1番大きな原因なんですね?

 

産後のストレスが、シミ・くすみの原因でした

 

新しい家族を、母として育てていくプレッシャー

 

独身の頃のように
1人で気軽にお出かけすることも
ぐっすり眠ることもできず常に寝不足で

 

産後,一人になりたい

 

気遣いが足りなかったり
ほったらかされて寂しいパパとの行き違い…

 

あなたも、たくさんストレスを感じていたりしませんか?

 

 

じつは・・・

 

心のストレス
肌にもストレスを与え

 

肌ストレス
肌荒れを起こし

 

肌荒れ・肌の炎症
シミ・くすみの原因

になっているんですね?

 

 

 

あれこれ構う余裕なんてないんだけどっ!?


 

ですよねw

 

そんな今だからこそ
産後の肌ストレスをケアする美白化粧品を選んでみては?

 

産後,美白化粧品,サエル

妊婦さん〜産後ママの肌ストレスをケアする美白化粧品「サエル」

 

「産後はシミができやすいのに肌トラブルも多いし…
美白肌荒れ、どっちを優先したらいいの?」

 

じつは、お肌のシミの原因って紫外線だけじゃなくて
「肌荒れ・ストレス」も引き金になったりするんですよね

 

赤ちゃんが産まれてうれしい反面、思うようにいかない毎日に
あなたも母としてのプレッシャーを感じていたりしませんか?

 

サエルは「ストレスが作り出すシミ・くすみ」に注目した美白化粧品。
肌荒れが起きやすい「マタニティ期〜授乳期」特有のデリケートな肌をやさしくお手入れできます。

 

サエルのお試しセットは使用後でも30日間返品・返金OK!

 

「たっぷり10日分」入っているので、まずは自分の肌で試してみませんか?

 

産後,美白化粧品,サエル

2018年3月、サエルは『疲れ・寝不足・ストレスに寄り添いケアする美白化粧品』にリニューアルしました。

 

妊娠→出産→子育てと息つく暇もない怒涛の日々だけど
1日ちょっぴりでもいいから『自分のための時間』作ってみてくださいね(*^^*)

妊婦さん〜産後ママの肌ストレスをケアする美白化粧品「サエル」